雨漏り修理や塗装で住宅を強くしよう〜住宅トラブル改善手引書〜

住宅

雨は屋根から侵入

ヘルメット

原因は屋根によって違う

雨漏りが発生する確率が高いと言われているのが屋根です。雨は空から降ってくるということもあり、屋根に欠陥があった場合に上から侵入してくることが多いのです。屋根から雨漏りする原因としてはいくつかあります。まず、屋根の素材であるスレートや板金といった素材にヒビが入っている場合や浮いてしまっている場合が原因となっていることがあります。スレートや板金の間から雨水が室内へと侵入するのです。加えて、屋根のコーキングが剥がれてしまっている場合も挙げられます。瓦屋根の住宅においては、ほとんどが瓦のひび割れやズレが原因でしょう。このように、屋根の材質によって原因は違ってきます。雨漏り修理をするのであれば、まずは何が原因かどうか突き止める必要があります。心当たりが無いという場合は、早めに業者へ調査を依頼するのが良いでしょう。

専門知識が必要になる

ちょっとした雨漏り修理道具であれば、ホームセンター等で購入することができます。業者に依頼するとコストがかかるからといって、自分で雨漏り修理をしようとする人も多いでしょう。しかし、雨漏り修理をするには専門知識や経験が必要となってきます。間違った雨漏り修理をしてしまうと、逆に二次被害を招いてしまう可能性もあるのです。加えて、屋根で雨漏り修理をするとなると、かなり高所で作業をすることになるので危険も多いでしょう。正しい方法で、安全に雨漏り修理をするのであれば、業者に依頼するのが良いと言えます。

Copyright© 2016 雨漏り修理や塗装で住宅を強くしよう〜住宅トラブル改善手引書〜 All Rights Reserved.