雨漏り修理や塗装で住宅を強くしよう〜住宅トラブル改善手引書〜

住宅

塗替え工事のメリット

自宅

美しさが保ち寿命も長くなる

住宅トラブルである雨漏り被害をできるだけ避けたいというのであれば、事前に対策をしておくのが良いでしょう。雨漏りが発生した後では修理が完了するまでの間、生活に支障が出てしまうものです。こうした被害を防ぐ為に効果的と言われているのが塗装です。塗装には外壁塗装や屋根塗装がありますが、どちらも雨漏り対策には効果が高いでしょう。特に外壁塗装の場合、メリットは多く、外壁の寿命を延ばしてくれる効果があるだけでなく住宅の美観を保ち続けることも可能となのです。基本的に外壁塗装の塗替え時期は10年から15年が目安となっています。新築から10年以上経過している住宅は、トラブルに遭う前に外壁塗装をしておくのが良いでしょう。

省エネ住宅にもなる

最近では、外壁塗装に利用する塗料もかなり進化しているので、機能性の高い塗料を選べば節電効果も実感できます。特に断熱効果のある塗料を利用すれば、夏でもエアコン無しで涼しい室内空間を作ることも可能になります。エアコンを使用する回数が減ることによって、結果的に節電に繋がり家計の負担を減らすことができるのです。

遮音や防水の効果も高い

外壁塗装は遮音効果や防水効果もあると言われています。特に車道に面している住宅は、車やバイクの音が日中うるさいことでしょう。こうした住宅は特に遮音効果の高い塗料を活用すれば、外からの音も軽減することができます。防水効果の部分ですが、基本的に最近の塗料のほとんどが撥水効果を持つと言われています。塗装するだけでも雨が住宅に侵入するのを防ぐことができるのです。

Copyright© 2016 雨漏り修理や塗装で住宅を強くしよう〜住宅トラブル改善手引書〜 All Rights Reserved.